クリスマスカードはいつまで送る?色々なカードについて

クリスマス大好き

クリスマスカードはいつまで送る?色々なカードについて

読了までの目安時間:約 6分

クリスマスカードはいつまで送る?色々なカードについて

日本ではそれほど一般的ではありませんが、海外ではクリスマスシーズンになると必ずといって良いほどクリスマスカードを親しい人に送ります。

上司や部下に送ることもあり、日本でいうところの年賀状のようなポジションです。

スポンサードリンク

クリスマスカードはいつまで送る?

クリスマスのお祝いの言葉や相手の近況を思いやる言葉などを添えて、クリスマスの1週間前までには届くように送ります。

なぜならば、地域によっては届いたクリスマスカードをクリスマスツリーのデコレーションのアイテムとして使う場合があるからです。

クリスマスカードには、日本の年賀状のようにルールなどはありませんが、挨拶の言葉は「Merry Chirstmas」、もしくは「Happy Holiday」、「Seasons Greetings」などを用います。

キリスト教の信者であるかどうかに関わらず、親しい人とクリスマスカードを交換する習慣が一般的ですが、宗派の違いなどを考慮して、最近では「Happy Holiday」や「Seasons Greetings」などの挨拶を用いる人が増えてきているようです。

また、クリスマスの挨拶に新年の挨拶を添える人も多いようです。

日本のように新年の挨拶だけのためにカードを送る習慣はありません。

海外の郵便局では、プレゼントとクリスマスカードの配送のため、クリスマスの前が一年で最も忙しいシーズンとなります。

クリスマスカードには形やデザインなど様々なタイプがあり、海外では、どのクリスマスカードを選ぼうかと悩むのも、クリスマスの楽しみのひとつになっています。

子供たちにサンタクロースからクリスマスカードが届くこともあります。

クリスマスカードに馴染みの無い日本の子供たちも、大好きなサンタさんからのクリスマスカードには大喜びです。

日本国内では、キリスト教の信者の間ではクリスマスカードの交換は一般的に行われています。

最近では、クリスマスカードをネット上のグリーティングカードで代用する人も増えているようです。

あまり馴染みがないといっても、貰って嫌な気持ちになる人はいません。

今年はぜひ、親しい人に愛を込めて、クリスマスカードを送ってみてはいかがでしょうか?

クリスマスに交換するグリーティングカード

グリーティングカードで代表的なのがクリスマスカード。

日本ではこうしたカードの交換は一般的ではありませんが、いわば年賀状のようなもの。

海外に知人、友人、仕事の関係者が居る場合には欠かせないものとなります。

二つ折りのカードを封筒に入れて送るもので、年賀状とは形状が異なります。

欧米ではクリスマスを始め、母の日、父の日、感謝やお祝いなどの挨拶に広く使われます。

クリスマスに因んだ絵やデザインのカードにお祝いの言葉や、相手を思いやる言葉がシンプルに綴られます。

お店では沢山の素敵なクリスマスカードが売られていますが、手作りが静かな人気の昨今、マスキングテープやシールなどでオリジナルのカードを作るのも楽しそうです。

郵便局ではグリーティング用の切手も取り扱っています。

日本のクリスマスカードは面白アイディアがいっぱい!

選ぶところも楽しんで12月を過ぎたころに街を歩いていると、きれいなクリスマスカードがたくさん売り出されています。

日本のクリスマスカードはアイディア満載!クリスマスカードが立体になっていて、広げるとツリーの形をした置物になったり、オルゴールがついていて音が流れたり、自分でも欲しくなるようなカードがいっぱいです。

もちろん、自分に買ってもOK。

その年のクリスマスの記念に、お気に入りのカードをひとつ選んで購入してみてもいいかもしれませんね。

200~300円程度のお安いクリスマスカードでも、赤に金の型押しでクリスマスツリーが描いてあったり、トナカイがひくソリに乗ったサンタクロースが夜空を飛んでいたり、美しいデザインのものがたくさん。

家族に、お友達に、すてきなクリスマスカードをプレゼントしてみませんか?

サンタクロースからお手紙がもらえるサービスも!

子供のころ、プレゼントを枕元に置いてくれるサンタさんに会いたいと思ったことはありませんか?今は、寒い夜空の中をソリに乗ってやってくるサンタさんのために、美味しいおやつと温かい飲みものを用意して眠る子供もいるそうです。

そんな「サンタさんに会いたい」という子供のために、サンタクロースから手紙が届くサービスが実施されています。

ちゃんと、サンタのふるさと「フィンランド」から届くお手紙ですよ!1500円程度で受けられるサービスですので、小さいお子さんがいる方はぜひこちらのサービスを利用してみてくださいね!

 

Christmasの演出

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る