クリスマスのイベント

クリスマス大好き

クリスマスのイベント

読了までの目安時間:約 5分

クリスマスのイベント

クリスマスシーズンの始まる11月下旬になると、全国各地でクリスマスに関する楽しいイベントが開催されます。

クリスマスシーズンの幕開けを知らせるイルミネーションの点灯式。

イルミネーションの点灯前に様々な催しが開かれています。

スポンサードリンク

ルミナリエや東京タワーのクリスマスイルミネーション

阪神大震災で被害にあった神戸の街の復興と再生を願って、毎年開催されるルミナリエ。

ルミナリエとはイタリア語で電飾を意味しており、毎年約40万個の電飾で神戸の街を彩ります。

ルミナリエの開催は12月の中旬~と、他の地域のイルミネーションに比べ遅いスタートとなりますが、ルミナリエの開催前には、障害を持つ人たちや高齢者にルミナリエをゆっくりと見学してもらうためのハートフルデーというイベントが開催されます。

ハートフルデーの開催と同時に、KOBEイルミネーションバスの出発式も行われています。

イベントに集まった観客のカウントダウンで東京タワーに華やかなイルミネーションが点灯すると、会場からは拍手と歓声が沸き上がります。

イルミネーションバスとは、ルミナリエのイルミネーションをバスの車体に再現するように電飾で飾られたバスのことで、ルミナリエの開催中、高齢者施設や児童福祉施設、障害者福祉施設などを訪問して、ルミナリエを訪れることができない人々に、ルミナリエの雰囲気を届ける役目を果たしています。

東京タワーのクリスマスイルミネーション点灯式も盛大に行われています。

東京タワーの点灯式は、11月初旬の早い時期に行われます。

雪が降るには少し早い時期ですので、点灯式では人工の雪を降らせてクリスマス気分を盛り上げています。

クリスマスのイベントは、点灯式だけではありません。

全国各地で、クリスマスライブが行われ、水族館や動物園などのレジャー施設では子供たちを対象にしたクリスマス限定の展示などが行われます。

パーティーの準備も楽しいクリスマスですが、各地のイベントに参加するのもクリスマスの楽しみ方のひとつではないでしょうか。

クリスマスマーケットの日程をチェック

クリスマス関係のイベントの中でも、ぜったいにチェックしておきたいのが「クリスマスマーケット」です。

クリスマスマーケットとは、クリスマス関連のグッズや食べ物を売る屋台が出るエリアのことで、ドイツで行われているものがはじまり。

ドイツでは、クリスマスが近くなるとクリスマスツリーに飾るリースや、クリスマスには欠かせない「レープクーヘン」というクッキーを売る屋台がたくさん並びます。

人々はここでツリーに飾るオーナメントを購入したり、ホットワインで体を温めたり、思い思いの時間を過ごすとか。

そのクリスマスマーケットが、日本でも開催されるようになりました。

クリスマスマーケットを開催しているのは大都市に限りますが、特に大阪のクリスマスマーケットは本場のドイツから屋台が持ち込まれ、まるで現地で買い物をしているような雰囲気を味わえます。

会場の中央には大きなクリスマスツリーがキラキラと輝き、ドイツで大切にされているメリーゴーランドも会場入りをして子供たちを楽しませてくれます。

規模は小さいものの、このクリスマスマーケットの雰囲気は一度味わっておいて損はありません。

東京で開催されるクリスマスマーケットでは、ワークショップなども開催されているようです。

もしクリスマスマーケットに行ったら、ぜひグリューワインを飲んでみてください。

グリューワインとは温かいワインのことで、お酒が飲めない子供のためにアルコールが入っていないものも販売されています。

このグリューワインをついでくれるコップは会場限定で、年によって柄が変わるのでいい記念になりますよ。

ぜひ会場でゲットされてくださいね。

クリスマスならではのイベント

クリスマスは小売業だけでなくレストラン、ホテル、温泉街、観光スポットなど様々な業種の商売が書き入れ時となります。

まさにクリスマスならではのイルミネーションは、都会から小さな町の商店街、田舎の温泉街、スキー場、ショッピングモール、スーパー、小売店などあらゆる場所で見られ、今では個人宅の外壁や窓辺、庭にも光の装飾がなされるようになりました。

省エネ電球LEDの普及により、都会のメイン通りでは数十万個規模、ショッピングモールでも数万個規模のゴージャスなイルミネーションが実現しています。

また動物園、水族館、その他多くのレジャー施設ではクリスマスに因んだビッグ・イベントを開催。

お子さんの居るファミリーや恋人同士など、皆が楽しめる企画が催されます。

 

Christmasの演出

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る