クリスマスの過ごし方~家族と~

クリスマス大好き

クリスマスの過ごし方~家族と~

読了までの目安時間:約 5分

クリスマスの過ごし方~家族と~

日本のクリスマスについては、アメリカやヨーロッパのクリスマスと違い、恋人と過ごす特別な一日と考える人が多いようです。

しかし、結婚して子供が増えれば、自然と家族全員で過ごすクリスマスに変わってきます。

スポンサードリンク

クリスマスの夜は楽しい!

クリスマスの過ごし方は家庭環境や家族構成によって様々ですが、多くの家庭でクリスマス・イブ、もしくはクリスマスの当日にクリスマス料理を囲んでホームパーティーを開くことが一般的です。

母親は普段と違った少し豪華なクリスマスのための料理を作ります。

日本ではターキーの代わりにローストチキンが食卓に上ることが多いようです。

クリスマスケーキは手作り派と購入派に分かれます。

クリスマスケーキのカタログでクリスマスケーキを選ぶのも楽しいですし、子供と一緒にクリスマスケーキを焼き、生クリームやオーナメントで飾り付けを楽しむのもクリスマスの楽しみのひとつです。

クリスマスケーキのスポンジ台だけ買ってきて、飾り付けだけを自宅で、という人も増えています。

今ではお菓子の材料、特に手に入りにくかったケーキの飾りなども簡単に手に入るようになってきています。

ネットなどを利用すれば、近くに製菓資材を取り扱うお店が無くても、素敵なクリスマスケーキ用のオーナメントを購入することができます。

年の瀬に向けて何かと慌しくなる12月。

クリスマスの買い物をネットで済ませてしまうという主婦の方も増えているようです。

ホームパーティーでは、子供はノンアルコールのシャンパンやジンジャエール、大人はワインやシャンパンなど、食卓に上る飲み物もクリスマスの雰囲気を盛り上げます。

子供も大人の真似をして、シャンパングラスで乾杯すれば、いっそう楽しいホームパーティーになることでしょう。

クリスマスプレゼントは、夜。サンタクロースが持ってきてくれます。

朝になると、不思議なことに、自分の一番欲しかったクリスマスプレゼントが枕元に置かれているのです。

家族で過ごすクリスマス

キリスト教信徒の多い欧米諸国では、クリスマスといえば教会でミサを行い、家で家族と共に過ごすというのが一般的なようです。

年中行事の一つとなっている日本ではお祭り、イベントというものに近くなっています。

しかし、「家族と過ごす」「お家ご飯」「ファミリー仕様のワンボックスカー」が「いい!」「素敵」という価値観が色濃くなっている昨今、クリスマスを家族揃って過ごすことが多くなりました。

食事もレストランで予約する、という風ではなく、家で皆でいつもと違ったご馳走を食べる。

買ってきた料理だとしても、お皿に盛りつけ、ちょっとひと手間かけて頂く。

そんなこじんまりとして暖かいクリスマス・タイムを過ごすことに喜びや幸福を感じられる・・・。

かのマザー・テレサがインタビューで「どうしたら戦争が無くなると思いますか?」という問いに対し、「家に帰り、家族を愛しなさい」と述べたそうです。

家族とホットに過ごすことこそクリスマスの本質であり、平和の基本・・・ですね。

いろんなところでファミリー向けのイベントが開催

クリスマスは自宅で過ごすという人が多いですが、当日はいろいろなところで関連イベントが開催されていますので、そういったものに参加してみるのはどうでしょう?子供はキラキラしたイルミネーションが大好き。

クリスマスの時期には大きなツリーが飾られていることも多いので、一緒に見に行くだけでもいい思い出になります。

自宅にはおけないような巨大なクリスマスツリーもあり、子供が見れば必ず喜びますよ。

外出をするなら、クリスマス関連イベントも調べてみてください。

ショッピングモールにいくと、子供向けのコンサートや講座が開催されていることがあります。

どちらも低価格で楽しめるイベントであることが多く、内容も簡単に楽しめるもので小さなお子さんでも参加できます。

クリスマスだからこそのイベントがあれば、ぜひ参加を考えてみて。

子供と一緒にクリスマス料理にチャレンジ!

お子さんがいる家庭なら、簡単なクリスマス料理にチャレンジしてみてはいかがでしょう?子供でも簡単に作れるお料理やお菓子はたくさんあります。

例えば、スポンジを用意して生クリームを塗り、そこに子供たちでデコレーションをしてもらうという楽しみ方はいかが?ケーキに飾るお菓子や果物を用意して、それを使って自由にデコレーションをしてもらいます。

自分で飾ったケーキを食べる感動はひとしお。

材料費もそんなにかかりませんし、クリスマスのお楽しみにいかがでしょうか?また、ピザ生地の上に具をのせ、それを焼くだけでも美味しいピザができますよ。

 

日本のクリスマス

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る