クリスマス商戦を乗り越えろ!

クリスマス大好き

クリスマス商戦を乗り越えろ!

読了までの目安時間:約 6分

クリスマス商戦を乗り越えろ!

クリスマス商戦とは、10月末~12月の個人消費が最も活発になる時期、あるいはその戦略を指した言葉です。

日本では明治時代に銀座に進出した明治屋が、日本で始めてクリスマス商戦を展開したという歴史があります。

日本のクリスマス商戦の始まりは、11月に入ってから。

スポンサードリンク

今年もやってくるクリスマス商戦

ハロウィンのかぼちゃの置物が店頭から撤去されると、1週間後にはクリスマスツリーが点灯しているという慌しい状況です。

大手のデパートではクリスマスツリーの点灯式から、クリスマス商戦が始まります。

日本ではボーナス時期と重なって、クリスマス前から年末にかけて、国民の消費意欲が最も高まるといわれています。

小売業を中心に、クリスマス特需に沸く時期です。

店内のディスプレイもクリスマス一色に変化します。

クリスマス商戦の目玉はクリスマスプレゼントだけではありません。

クリスマスムードを盛り上げる関連グッズもクリスマス商戦の大切な要素です。

ちょうどこの時期にお歳暮の販売も始まるため、小売業では一年で最も忙しい活気に満ちた季節となります。

しかし、近年のインターネットの普及により、小売業のクリスマス商戦は厳しい戦いとなっています。

クリスマスの混雑を避けたいという消費者が、インターネットのバーチャルショップでクリスマスグッズやクリスマスプレゼントを購入するため、インターネット普及前のクリスマス商戦の売り上げと比べると、その勢いが衰えた感があるのも事実です。

以前のような勢いを取り戻そうと、地方発送やネットショップの開店など、デパートやスーパーなどでは毎年様々な工夫を凝らし、消費者の獲得に力を入れています。

景気の低迷が叫ばれる昨今、それでも元気なのはやはり子供向けのクリスマスプレゼントです。

特に、ゲーム機では次世代ゲーム機やそれに関連するソフトウェアが勢い良く売れています。

クリスマスシーズンの販売数が年間売り上げの半数を占めると言われているほどです。

クリスマス商戦にわく日本

ハロウィンを過ぎた途端、クリスマス商戦を展開する日本の小売業界。

12月下旬にはクリスマス、お歳暮、正月用品の需要がぐっと高くなり、書き入れ時となります。

とはいえ、10月末のハロウィンが済んだ途端、11月からイルミネーションの点灯やクリスマスムードの展開とは、私たち一般消費者も「あらあら、もう?」と戸惑うことがあります。

クリスマス商戦のための商品開発や販売促進は年々早まっているということです。

アメリカでも、一年で最も盛り上がるといわれるクリスマス商戦。

ハロウィンの後、もう一つ11月に感謝祭があるので、日本より一呼吸遅くはなりますが、感謝祭後は一気にクリスマス展開となります。

おもちゃ業界、家電業界にとってはクリスマスと年末の商売が年間で最大のチャンスであり、メーカーの社運が掛かると言っても過言ではありません。

人気のアイテムは11月中にゲットして!特に子供用のおもちゃ

クリスマスが近づくと、必ず購入しなければならないのが「クリスマスプレゼント」。

特に、子供がいる家庭では子供が欲しいクリスマスプレゼントをゲットするために、親御さんが必死の努力をしています。

クリスマスプレゼントで子供用のおもちゃを購入するときは、できれば10~11月には動いておきたいところ。

というのも、人気のあるおもちゃは12月に入ったくらいから品薄になってしまうため、なかなか購入することができなくなります。

特にライダー物のベルトをはじめとするグッズは、人気が高い年だとみんながクリスマスプレゼントとして購入しようとするため、時には個数限定販売になるくらいに品薄になります。

おもちゃ屋さんで、入ってきた数の分だめ抽選で販売ということも少なくありませんので、下手するとクリスマスになっても購入できない可能性も。

中には、引換券を渡してクリスマスのあとに届けるという対応をしているお店もあるほどです。

11月ならまだ大体の商品が残っていて購入しやすいので、この時期に動きましょう。

人気商品で品薄が見込まれる場合は、11月の間に購入しておくこと。

この時期にはクリスマスを見越した早めのセールがあることも多いので、そういうところで購入すればお財布にも優しいですよ。

子供だと欲しいものがコロコロ変わるので、そのあたりの調整が大変かもしれませんが、よく子供と話し合いをして一番いいプレゼントを決めてくださいね。

 

日本のクリスマス

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る